昨日星を探した言い訳(1)

河野 裕

2020年8月24日

KADOKAWA

1,650円(税込)

小説・エッセイ

全寮制中高一貫校に進学した坂口孝文は、茅森良子と同級生になる。生まれつき緑色の瞳をもつ茅森は、目の色による差別が表向きにはなくなったこの国で、総理大臣になり真の平等な社会を創ることを目指していた。茅森と親しくなった坂口は、秘密を打ち明けられる。茅森が図書委員になったのは、映画監督・清寺時生の幻の脚本“イルカの唄”を探すためだった。『いなくなれ、群青』の著者が辿り着いた愛と倫理の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.99

読みたい

34

未読

6

読書中

2

既読

45

未指定

34

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

正しい事、正義、倫理。そういうものに圧迫され続ける今だからこそ読んで欲しい一冊。

--
5
2020年08月25日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください