怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス

神永 学

2013年3月26日

KADOKAWA

1,320円(税込)

小説・エッセイ

鮮やかな犯行のあとには、必ず闇の悪事が暴かれる!新時代の鼠小僧か、はたまた単なる盗人か!?神出鬼没の伝説の窃盗犯、その名はー“山猫”。世の中に天誅を下す、謎の集団“ウロボロス”、隠れた闇を白日の下にさらす天才ハッカー“魔王”、そして“山猫”。三つの“正義”が、火花を散らす。最後に生き残る“正義”はどれだ!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.33

読みたい

1

未読

5

読書中

0

既読

46

未指定

35

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2020年10月11日

ドラマでは女の子のまおが男の子。ドラマはこの話を1クールにした話みたいだけど、ドラマの方がいろんな裏設定があって、原作はどの程度取り入れられているのか、勝村が見かけによらない部分があることが書かれて一方、ドラマほど山猫に敵対する存在ではなさそうな、まだ掴めない感じだった。 3巻以降、短編集のようだし、某国スパイとかはドラマのオリジナル設定なのかな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください