闇にあかく点るのは、鬼の灯か君の瞳。

ごとうしのぶ

2014年2月28日

KADOKAWA

1,320円(税込)

小説・エッセイ

曼珠沙華ー過去。「そいつを摘むと人が死ぬんだぜ」-曼珠沙華の花が好きだと話す秋彦に、そんな言葉を遺して幼なじみの武は消えた。四年後、成長した姿で「タケル」が帰ってくる。彼は本当に、あの武なのか?疑問を胸に秘めつつも、秋彦はタケルに惹かれてゆくが…。闇にあかく点るのは、鬼の灯か君の瞳。-現在。永い時を生き続けるタケル。彼は何度も繰りかえす運命の相手との邂逅が、皮肉にも相手の命を削るとすでに知っていた。そんな中、桐嶺学園の生徒・雨月と遭遇し、彼こそが今の自分の「相手」だと気づいたタケルは、必死に距離を置こうとする。ところが雨月のまわりで不穏な事件が頻発して…みずみずしい少年たちのミステリアス・ミステリー!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください