遺跡発掘師は笑わない 三体月の呪い(14)

角川文庫

桑原 水菜 / 睦月 ムンク

2021年11月20日

KADOKAWA

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

発掘調査のため和歌山へ赴いた無量。現場から出土した経筒には人形の頭が入っていた。作業員の佐分利亮平はそれを見て青ざめ、無量を家に招く。彼の家に伝わる「安珍清姫」をモチーフにした「道成寺雛」を見た無量はぞっとする。女雛には頭がなかったのだ…。無量は忍や萌絵と共に雛人形の謎を解こうとするが、その矢先、亮平が不審な事故に遭う。背後には佐分利家の言い伝え「死を呼ぶ三体月の呪い」が関係していそうで…?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.76

読みたい

10

未読

13

読書中

0

既読

35

未指定

44

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください