向島・箱屋の新吉 新章(二)忍び寄る危機(2)

角川文庫

小杉 健治

2021年12月21日

KADOKAWA

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

『桔梗屋』の芸者・お葉の世話をする箱屋の新吉は、彼女の客である骨董商の主人を、突如襲いかかってきた賊の襲撃から守った。江戸では、押込みや辻強盗が頻繁に現れ、治安を悪化させていた。一方、押込みの一味を追う定町廻り同心の梶井扇太郎は、お葉の客のなかに、不審な者がいないか、新吉を訪ねてきたがー。さらに広がる押込みと辻強盗の被害。ふたつの事件は、果たして繋がりがあるのか。大人気書き下ろし時代長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください