コミュ障探偵の地味すぎる事件簿(1)

角川文庫

似鳥 鶏

2021年12月21日

KADOKAWA

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

念願の大学生活をスタートさせた藤村京はいわゆる“コミュ障”。新入生ガイダンス初日から誰にも話しかけられず意気消沈していたところ、教室の片隅に高級傘の忘れ物を見つける。誰とも話していない藤村は、誰の連絡先も分からない。仕方なく、一人で推理して持ち主に届けることを決意するが…(「論理の傘は差しても濡れる」)。人と話すことはもちろん、人と目を合わせることすら苦手な名探偵の愛すべき青春日常ミステリ!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.49

読みたい

10

未読

13

読書中

0

既読

32

未指定

32

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください