隠居すごろく

角川文庫

西條 奈加

2022年2月22日

KADOKAWA

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

巣鴨で六代続く糸問屋の嶋屋。主人の徳兵衛は、三十三年間の仕事一筋の生活に終止符を打ち、還暦を機に隠居することにした。人生がすごろくならこれは上がりだ。だが、孫の千代太が住処にきて静かな生活は一変。犬や猫を拾っては連れてくる孫に「そのやさしさを人のために使ってみてはどうだ」と諭した徳兵衛は、千代太の仲間に囲まれ、賑やかな日々を送ることになる。第二の人生の上がりはいったいどこに?心揺さぶる時代小説

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.28

読みたい

10

未読

2

読書中

1

既読

14

未指定

22

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ドクショ

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2022年06月26日

 心温まる人情もの。ご隠居さんと、子ども達(幼い子どもたち、純真な子どもたち、反抗的な子どもたち)との交流が素晴らしい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください