編み物ざむらい

角川文庫

横山 起也

2022年12月22日

KADOKAWA

814円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

武家から信頼の篤い蘭方医・久世に疑義を唱えたことで、凸橋家から召し放たれてしまった感九郎。父から勘当もされ、失意のうちに大川のほとりで得意の編み物をしていたところ、異形の男、寿之丞たちと出会う。成り行きから彼らの仕事「仕組み」を手伝ううち、感九郎のある能力が開花。そして召し放ちのきっかけを作った人物に接近する。その正体とは!?江戸に実在した「編み物ざむらい」と異能集団が活躍する、新感覚時代活劇!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.84

読みたい

4

未読

1

読書中

0

既読

10

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ななここ

次作あり?

starstarstar 3.0 2023年04月01日

面白い、、、ような。 キャラも立ってるし読みやすい。 でも案外編み物の場面が少ない。 もっとガッツリ料理物のように、編み物をする侍が描かれているのかと思ってました。 もちろん編み物が大事な鍵ではあるのですが。 それと、感九郎が共に仕事した(感九郎が巻き込まれた?)組織が明らかにされていないので、モヤっとするのだと思う。 次作があって少しずつでも明かされることを望みます。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください