正義の天秤 毒樹の果実(3)

角川文庫

大門 剛明

2023年2月24日

KADOKAWA

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

有名俳優が覚醒剤所持で逮捕された。本人は警察にはめられたと容疑を否認、師団坂法律事務所に弁護を依頼してくる。彼を担当することになった佐伯芽依は、体当たりの調査で証拠を積み重ね、見事無罪を勝ち取るが、当事者の警察官が自殺したことで、事件は思わぬ展開を見せるー。何が正義か、真実はどこにあるのか。元外科医の切れ者弁護士・鷹野和也を中心に個性豊かなメンバーが躍動する、最強リーガル・ミステリ第3弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.93

読みたい

3

未読

3

読書中

0

既読

34

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.7 2023年08月05日

シリーズ3作目。◆毒樹の果実。芽依の弁護。覚醒剤と違法捜査。無罪の代償。毒を持って毒を制す。◆シンデレラの靴。梅津の弁護。真犯人が持っているガラスの靴。グレーは黒。偽物は本物には勝てない。◆バベルの塔。桐生の弁護。言葉が通じていたら真実にたどり着けたのか。◆歪んだレンズ。杉村の弁護。防犯カメラ映像による犯人特定。歪んでいる真相。◆女神の右手。鷹野の弁護。剣なき秤は無力、秤なき剣は暴力。いや剣ではなく治療するメス。◆正義とは何かを考えさせられる。

全部を表示

Readeeユーザー

ルーム1の団結力

starstarstarstarstar 5.0 2023年03月17日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください