夏子の冒険

角川文庫

三島 由紀夫

2009年3月25日

KADOKAWA

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

芸術家志望の若者も、大学の助手も、社長の御曹司も、誰一人夏子を満足させるだけの情熱を持っていなかった。若者たちの退屈さに愛想をつかし、函館の修道院に入ると言い出した夏子。嘆き悲しむ家族を尻目に涼しい顔だったが、函館に向かう列車の中で見知らぬ青年・毅の目に情熱的な輝きを見つけ、一転、彼について行こうと決める。魅力的なわがまま娘が北海道に展開する、奇想天外な冒険物語!文字の読みやすい新装版で登場。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstarstar
star
4.38

読みたい

13

未読

20

読書中

2

既読

38

未指定

43

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

夏子と敦

starstarstarstar
star
4.5 2021年04月14日

三島由紀夫のガーリッシュな魅力 (少女のような)

全部を表示

Readeeユーザー

三島由紀夫の書くラノベ

starstarstarstar 4.0 2018年10月16日

意表を突かれるストーリー展開でとても面白い。文豪と呼ばれる人たちの本にとっつきづらさのある人でもスイスイ読めるラノベ感。主人公夏子がすごく魅力的。自分のことを夏子と呼んじゃう子供っぽさと、生娘なのに男の全てを知った気でいる子供っぽさ。そこに世の中のつまらなさに辟易して達観した大人っぽさを合わせ持つかなりアンバランスな女の子。可愛くて憎たらしくて、やっぱり可愛い。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください