或る「小倉日記」伝

角川文庫

松本 清張

1994年12月2日

KADOKAWA

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

森鴎外の小倉在住時代の足跡を、十年の歳月をかけてひたすら調査する田上耕作とその母。はかばかしい成果は得られず、病、貧困に一層落ち込んでいくー「或る『小倉日記』伝」。自らの美貌と才気をもてあまし日々エキセントリックになる、ぬい。夫にも俳句にも見放され、死だけが彼女をむかえてくれたー「菊枕」。人間の孤独を主題にした、巨匠の代表作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar 4

読みたい

3

未読

1

読書中

1

既読

12

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

良いですね。

starstarstarstar 4.0 2022年08月18日

人が心に作ってしまう毒が描き続けられている。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください