おちくぼ姫

角川文庫

田辺 聖子

1990年4月27日

KADOKAWA

484円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

貴族のお姫さまではあっても、意地悪い継母に育てられ、召使い同然、粗末な身なりで一日中縫い物をさせられ、床が一段低く落ちくぼんだ部屋にひとりぼっちで暮らしている姫君ーといえば“シンデレラ姫”を思い浮かべることでしょう。姫君と青年貴公子のラブ・ストーリーでもある「おちくぼ姫」は千年も昔に書かれた王朝版「シンデレラ物語」です。若い読者のために現代語訳された、とびきり面白い物語を楽しんで下さい。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(13

starstarstarstar
star
4.13

読みたい

23

未読

32

読書中

2

既読

111

未指定

183

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

ケムケム

平安時代のコメディー

starstarstarstar 4.0 2023年05月14日

 この話が平安時代に書かれたとは!  「王朝版シンデレラ」と銘打っているが、そんな単純な構成ではない。原文ではないので、著者がどのくらい脚色したかわからないが、個性豊かな登場人物たちとプロット。現在でも通用する。  漫画やオペラにするととても面白いと思う。    原文に挑戦してみようかと思う。  

全部を表示

Readeeユーザー

シンデレラ

starstarstarstarstar 5.0 2019年12月10日

和風シンデレラです。 主人公のけなげさと周りの人たちのおかげで、和風灰かむり姫もシンデレラに。 ドキドキ、ワクワクしました。 高校生の時に読み、夏休みの課題の感想文にだしました。 とても、よかったです。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください