火の文学

角川文庫

中上健次

1992年8月31日

角川書店

374円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

漆黒の闇。その闇を切り裂く灼熱の炎。荒ぶる魂を鎮める清澄な水…。生と死、聖と賎がせめぎ合う熊野を舞台に、大地のヴァイブレーションに身をゆだね、万物照応の煌きのなかに滅びる男の凄絶な物語ー。初のオリジナル・シナリオ「火まつり」に重ね、故郷新宮の夜祭りの松明に照らされて語る、中上健次のわが青春、わが文学。祝祭空間の再現とともに、新しい表現の可能性を志向する、鮮烈な魅力に満ちた一書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください