男女七人夏物語(下)

角川文庫

鎌田敏夫

1988年8月31日

角川書店

416円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

〈セックスの虜になっているだけかもしれない〉香里の言葉はみんなを刺激した。その香里は君章に夢中で、彼から離れようとしない。一方千明は、良介の明るさに惹かれ、初めて本気で人を好きになってみようと思った。良介と桃子は、近所に住んでいるのでいつも顔を合わせるが、喧嘩ばかり。千明と貞九郎は飲み友達と、7人は入り組んだ恋愛関係になっているが…。哀しくて、つらい事が多いけど、恋は素敵で楽しいもの。男女7人のそれぞれの恋を描く、青春ユーモア・ロマンス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください