北緯四三度からの死の予告

角川文庫

西村京太郎

1996年9月30日

角川書店

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「青柳みゆきが殺される」-。警視総監宛てにKと名乗る男から奇妙な五通の手紙が届いた。四通までは殺人予告の内容だったが、五通目にはそのKと思われる人物が札幌で轢き逃げされた、という新聞の切り抜きが同封されていた。さっそく捜査に乗り出した十津川警部は青柳みゆきの居場所をつきとめるが、殺人予告日の直後、彼女は殺害されてしまう。札幌ー東京、二つの事件を結ぶのは何なのか。難航する捜査に十津川たちを第三の殺人が襲い、事態は思わぬ方向へ向かう!長編トラベルミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください