江戸の娘

角川文庫

平岩弓枝

1987年7月31日

角川書店

544円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

花の季節、向島から橋場の渡しへ向う乗合船は花見客で混んでいた。そこへ、突然の喧嘩が起こり、小さい舟は大揺れに揺れる。いや、喧嘩を装った舟強盗。船頭に匕首を突きつけ、「くつがえったら一蓮托生、命が惜しくば、有り金残らずそこへ出せ」と舟を揺らす。大店の若い娘がおずおずと財布を渡そうと近づくや、脇差持った大男が手もなく川へ投げ込まれた。「さすが蔵前小町」人々はやし立てる中で「女のくせに見苦しい」と嘲笑する旗本の次男章二郎。蔵前小町はかっとなり、やがて二人は恋に落つ。時は幕未、時代の波が二人を飲み込む…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください