天皇家の忍者

角川文庫

南原幹雄

2008年8月31日

角川書店

775円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「天皇の駕輿丁にして忍者」-。この大役をめぐり、洛北に隠れ住む「静原冠者」と「八瀬童子」の間で、静かな抗争が始まった。折しも権勢欲に燃える将軍・徳川秀忠は、朝廷を幕府の支配下に置こうと「江戸遷都」を画策、朝廷は反発を強める。静原・八瀬の抗争は朝廷・幕府の代理戦争へと発展、四つ巴の思惑が絡み合った死闘の行方は…?江戸初期の危うい朝幕関係を、虚構と史実の闇に描き出すエンターテインメント時代小説の傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください