一瞬の寵児

角川文庫

清水一行

1997年5月31日

角川書店

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

医業から不動産業へ転向し、バブル絶頂期には五千億円の財をなし不動産業界の寵児といわれた男。その少年時代から塀の中までの栄光と転落の軌跡…最後にはバブル経済に翻弄され、官僚・日銀・大手銀行の癒着の構造に抵抗しながらも敗れ去っていく過程を描きながら、現代日本の高度経済社会を支配し、動かす資本の論理の残酷さとからくりに迫り、住専問題に象徴されるバブル経済の本質を浮き彫りにした書き下ろし長編経済小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください