何の因果で

角川文庫

ナンシー関

1999年5月31日

角川書店

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

全身で石井苗子を演じる石井苗子、髪型にみる元・名物編集長の生理、花田家が紡ぐ物語、テレビの中のプロレスラー、「料理の鉄人」の玉にキズ、二世タレント天国…等々、おなじみのハードテレビウォッチャーのTVネタから、消しゴム版画家としてのゴミの出し方、点滅するデジタル時計に考えさせられた文化的生活、「枕」考等、ナンシー関の日常を垣間見る自分ネタまで、一行ごとに思わず膝を打つコラム集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください