マリー・アントワネット 下

角川文庫

シュテファン・ツヴァイク

2007年1月17日

KADOKAWA

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

華やかな宮廷から断頭台へー。革命の火蓋が切って落とされ、市民の怒りの的となったアントワネット。恋人フェルゼンの努力も実らず、国外逃亡も失敗し、いよいよ王冠も剥奪される。夫ルイ十六世の処刑、子供との別離、非情な裁判…その中で彼女は初めて「自分が何者か」を知る。死を前にしてついに、本物の王妃となる。歴史が造り上げた史上最大の悲劇の幕切れは、潔く、深い余韻を残す。ツヴァイクの最高傑作、新訳完結篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstarstar
star
4.17

読みたい

3

未読

9

読書中

0

既読

20

未指定

22

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2021年11月20日

フェルゼンの続き。彼は王妃の真の友であったことは間違いないが、またそれ以上の存在、恋人でもあったかという問いかけから始まる。落魄の王一家。ひたすら落ちる落ちる落ちる。それもこれも王の鈍重さ、決定的瞬間において「決断」できず、いつも「遅すぎる」がゆえ。

全部を表示

あめさと

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2021年07月10日

フェルゼンの続き。彼は王妃の真の友であったことは間違いないが、またそれ以上の存在、恋人でもあったかという問いかけから始まる。落魄の王一家。ひたすら落ちる落ちる落ちる。それもこれも王の鈍重さ、決定的瞬間において「決断」できず、いつも「遅すぎる」がゆえ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください