ポケット・ジョーク(16)

角川文庫

植松黎

1986年3月31日

角川書店

374円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

この昨今、“三尺さがって師の影を踏まず”の諺はすでに死に、先生にとって生徒は恐怖と憎悪とあきらめの対象であり、生徒にとって先生は馬鹿にする対象となってしまった。が、両者の関係が殺伐としてしまうのはあまりにも寂しい。“先生がなんだ!” “生徒がなんだ!”は大いにけっこう。ただ両者の関係は常に味とコクのあるものであって欲しいもの。そしてそこに、このポケット・ジョークがある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください