神の拳(下)

角川文庫

フレデリック・フォーサイス / 篠原慎

1996年11月30日

角川書店

902円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

褐色の肌の英国軍将校マイク・マーチンはインド人の母と英国人の父を持ち、少年時代をバグダッドで過ごした。彼はアラブ人を装い、空爆が始まったバグダッドに潜入する。多国籍軍は最新ハイテク技術でイラク軍戦力を完璧に把握していると思われていた。が、多くの戦争設備は偽装によって隠されていた。マーチンはかつて級友と遊んだ街で、活動を開始した。イスラエルが抱えるサダム政権内のスパイ“ジェリコ”に接触し、“神の拳”の正体を暴き、その使用を阻止するために。フォーサイスは史上初の衆人環視下の戦争“湾岸戦争”を通して告発する。事実は報道された通りではないのだと。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

6

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください