蟻の革命

角川文庫

ベルナール・ウエルベル / 永田千奈

2003年9月30日

角川書店

1,257円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「静粛に!」木槌が三回ならされる。人類史上初めてのアリ裁判が始まった。証言台に立ったのはアリ103号。容疑は殺人。翻訳機械“ロゼッタ・ストーン”の前で中肢と後肢で立ち、宣誓したその姿は鮮烈だった。“私は真実を、真実だけを話すと誓います”森林開発と、謎のガラスのピラミッドをめぐり複雑に交錯するアリと人間。『相対的かつ絶対的知の百科事典』の第三巻を手にした少女ジュリーは息を呑んで裁判の行方を見守るのだった。痛恨の刊行中止事件から七年。幻に呼ばれていた名作の完結編が本邦初訳でついに登場。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

3

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください