脳のなかの幽霊、ふたたび

角川文庫

V・S・ラマチャンドラン / 山下 篤子

2011年5月25日

KADOKAWA

836円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 文庫 / 医学・薬学・看護学・歯科学

天才詩人アルチュール・ランボーは、母音に色を感じたという。抑えられない笑いと涙を繰り返す患者や、自分の左側を完全に無視する患者。この興味深い現象は、すべて脳が演出している。切断された手足がまだあると感じる幻肢患者の鏡を使った治療で世界を驚愕させた著者が、ロングセラー『脳のなかの幽霊』に続いて、まだまだ広がる未知の領域に深くわけいり、さらなる知的冒険へと誘う第2弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

22

未読

1

読書中

0

既読

5

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください