不安の世紀から

角川文庫

辺見庸

1998年2月28日

角川書店

565円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

アメリカの歴史心理学者リフトン博士、スペインの代表的作家ゴイティソーロそして旧ユーゴ出身の天才映画監督クストリッツァ。著者は、彼らと絶対的価値の喪失、カルト宗教、ボスニア紛争、死の諸相、マスメディアの病理、新時代を生き抜く思想などについて語り合い、しるべなき時代の不安の正体を探り、21世紀社会を展望する。大好評だった番組「NHK・ETV特集」をもとに再構成、新編を加えた、今、最も根源的なドキュメントである。本文庫のために書き下ろした卓抜、過激なメディア論「不安の球根…」は7章に収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください