悪魔の降誕祭

角川文庫

横溝 正史 / 大路 浩実

2005年8月31日

KADOKAWA

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

金田一耕助の探偵事務所で殺人事件が起きた。被害者は、その日電話をしてきた依頼人だった。彼女は、これから殺人事件が起きるかもしれないと相談に訪れたところ、金田一が戻ってくる前に青酸カリで毒殺されたのだ。しかも、その時、十二月二十日であるべき日めくりのカレンダーが何者かにむしられ、十二月二十五日にされていた。降誕祭パーティーの殺人を予告する犯人とはー(表題作より)。そのほか「女怪」「霧の山荘」の全三編を収録。本格ミステリの最高傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.7

読みたい

1

未読

3

読書中

1

既読

21

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください