徳川慶喜家の子ども部屋

角川文庫

榊原喜佐子

2000年12月31日

角川書店

586円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

幼い文字で書かれた日記の向こうに見える夢のような生活ー。最後の将軍慶喜公は、維新後晩年は公爵に叙せられ、東京小石川六天町の宏壮な屋敷で余生を過ごした。その慶喜公の孫に生まれ、第六天の屋敷でその幼少期を送った著者の貴重な少女時代の回想録である。高松宮妃となる姉上の盛大な婚儀、夏休みの葉山や軽井沢へのお転地、四季折々の行事や毎日の暮らしなど、戦前の華族階級の古き良き一面をうかがい知ることのできる好個の記録。ベストセラー待望の文庫化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

10

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください