後巷説百物語

角川文庫

京極 夏彦

2007年4月25日

KADOKAWA

1,012円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

文明開化の音がする明治十年。一等巡査の矢作剣之進らは、ある島の珍奇な伝説の真偽を確かめるべく、東京のはずれに庵を結ぶ隠居老人を訪ねることにした。一白翁と名のるこの老人、若い頃怪異譚を求めて諸国を巡ったほどの不思議話好き。奇妙な体験談を随分と沢山持っていた。翁は静かに、そしてゆっくりと、今は亡き者どもの話を語り始める。第130回直木賞受賞の妖怪時代小説の金字塔。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

12

未読

21

読書中

0

既読

44

未指定

76

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

京極夏彦「後巷説百物語」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください