ある警視総監日記

角川文庫

吉野準

2002年8月31日

角川書店

586円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「警視総監」の仕事とはどういったものか?初めて描かれる「警視総監」の365日ー。巨大な組織の長所と短所、交番文化についての考え。また、署長のこと、取調室のこと、刑事のことから、スリやさまざまな事件についての話まで…。元・警視総監の著者が、警視庁で指揮を執った日々と、その人生を日記とエッセイで描いた、異色な人生録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください