殺人の門

角川文庫

東野 圭吾

2006年6月24日

KADOKAWA

924円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。そして数多くの人間が不幸になった。あいつだけは生かしておいてはならない。でも、私には殺すことができないのだ。殺人者になるために、私に欠けているものはいったい何なのだろうか?人が人を殺すという行為は如何なることか。直木賞作家が描く、「憎悪」と「殺意」の一大叙事詩。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(42

starstarstar
star
3.86

読みたい

29

未読

52

読書中

3

既読

380

未指定

350

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

starstarstarstar
4.0
0
2020年01月16日

みんなのレビュー (6)

Readeeユーザー

本当に面白い

starstarstarstarstar 5.0 2018年02月17日

東野圭吾はただのミステリー作家ではない。そこには人間の汚さ、本音が書いてあるから多くの人の共感を産むんだと思う。この作品は特に考えさせられるし、自分にも経験というか思い当たる節があるので、主人公には非常に感情移入出来た。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.7 2021年05月08日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

卯月芽衣

流石

starstarstarstar
star
4.3 2020年03月06日

流石東野圭吾。途中で、世の中正しいことなどないのではないかと少し自分も暗くなってしまった。 なぜ殺さないのだ!殺したっていいのに!と何度思ったことか… 色んな意味で非常に人間臭い作品というイメージ。

全部を表示

(無題)

starstarstar 3.0 2020年01月14日

倉持に踊らされている、と思ったら関係を断つべきなんだろう。しかしそれが出来ない主人公の性格、また倉持の対人関係の巧妙さが印象的。最後に、門を超えた。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年04月30日

Shunta

本当に面白い

starstarstarstarstar 5.0 2018年05月18日

東野圭吾はただのミステリー作家ではない。そこには人間の汚さ、本音が書いてあるから多くの人の共感を産むんだと思う。この作品は特に考えさせられるし、自分にも経験というか思い当たる節があるので、主人公には非常に感情移入出来た。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください