月魚

角川文庫

三浦 しをん / カウベルデザイン

2004年5月25日

KADOKAWA

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきたー。瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、幼い二人は兄弟のように育ったのだ。しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変っていき…。透明な硝子の文体に包まれた濃密な感情。月光の中で一瞬魅せる、魚の跳躍のようなきらめきを映し出した物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(37

starstarstar
star
3.59

読みたい

53

未読

40

読書中

4

既読

387

未指定

247

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

長江貴士

書店員

三浦しをん「月魚」

--
0
2019年12月25日

みんなのレビュー (5)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2021年11月20日

自分の知らない業界の話を聞いたり読んだりするのは愉しい。それが古書店業ならばなおさらそう思う。古書店業に携わる幼馴染の男性二人が共有する罪の意識を描いた物語だけれど、心理描写とかそういう点で深みに欠けると思ってしまった。表層的な感じがするというか。悪くはないけれど、父に対する葛藤とかさらりと流し過ぎな気がする。偶然の出会いとかもなあ……。(執筆時点で)お若い方の書いたものとしては秀逸。最新作を読めばまた評価が変わるかもしれない。演劇にも詳しそう。

全部を表示

あめさと

(無題)

starstarstar 3.0 2021年07月10日

自分の知らない業界の話を聞いたり読んだりするのは愉しい。それが古書店業ならばなおさらそう思う。古書店業に携わる幼馴染の男性二人が共有する罪の意識を描いた物語だけれど、心理描写とかそういう点で深みに欠けると思ってしまった。表層的な感じがするというか。悪くはないけれど、父に対する葛藤とかさらりと流し過ぎな気がする。偶然の出会いとかもなあ……。(執筆時点で)お若い方の書いたものとしては秀逸。最新作を読めばまた評価が変わるかもしれない。演劇にも詳しそう。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.1 2019年01月11日

「ビブリア古書堂の事件手帖」で古書の知識は得た。あちらは本にまつわる謎とちょっとラノベチックな複雑な人間関係がスリルを醸し出していたが、「月魚」はただただ静か。本を愛する真志喜と太一がともに2代目として古書を扱う中で解決する家族関係。若き日の二人プラスみすずと英郎を描いた短編も暖か。不思議な一冊。シリーズや続編はあるのかな。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.1 2018年06月27日

「ビブリア古書堂の事件手帖」で古書の知識は得た。あちらは本にまつわる謎とちょっとラノベチックな複雑な人間関係がスリルを醸し出していたが、「月魚」はただただ静か。本を愛する真志喜と太一がともに2代目として古書を扱う中で解決する家族関係。若き日の二人プラスみすずと英郎を描いた短編も暖か。不思議な一冊。シリーズや続編はあるのかな。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2017年12月21日

【ひまわり 】葉加瀬太郎 p.13 蒐集という妙なる美酒に群がる餓鬼にかわる。 p.19十把一絡げ(じっぱひとからげ) p.26木の棧のぶつかる乾いた音が思いがけず響いた。 p.36世界大戦が勃発して世の中が騒然としようと、真志喜はさして気にもせずに、毎日店を開けてぼんやりとて番台に座っていればいい。 p.58 流通の経路に乗って、欲しい人の間を渡り歩ける本を、生きている本と呼ぶんだ。 p.68 快哉をさけんだ p.75 老獪ろうかい 蠱惑の香こわく おののき(戦き) p.76 散逸 p.103 クラの中身はあの人の脳みそも同然です。 そこにある本がそのままあの人の知識となり、感性となり、思考回路となった。 p.105 なしにくいと思う方こそを選択すべきだと判断した。 p.133 セナガキの影が太古の昔に滅びた生物みたいに、細長く畳に這っていた。 p.153 運転席を簒奪するさんだつ p.156溜飲が下がるとはこのことだ p.165 婉然と微笑む

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください