白いへび眠る島

角川文庫

三浦 しをん / 角川書店ACデザインルーム

2005年5月25日

KADOKAWA

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

高校最後の夏、悟史が久しぶりに帰省したのは、今も因習が残る拝島だった。十三年ぶりの大祭をひかえ高揚する空気の中、悟史は大人たちの噂を耳にする。言うのもはばかられる怪物『あれ』が出た、と。不思議な胸のざわめきを覚えながら、悟史は「持念兄弟」とよばれる幼なじみの光市とともに『あれ』の正体を探り始めるがー。十八の夏休み、少年が知るのは本当の自由の意味かー。文庫用書き下ろし掌篇、掲載。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.53

読みたい

3

未読

17

読書中

1

既読

84

未指定

63

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください