贋作『坊っちゃん』殺人事件

角川文庫

柳 広司

2010年11月25日

KADOKAWA

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

四国から東京に戻った「おれ」-坊っちゃんは元同僚の山嵐と再会し、教頭の赤シャツが自殺したことを知らされる。無人島“ターナー島”で首を吊ったらしいのだが、山嵐は「誰かに殺されたのでは」と疑っている。坊っちゃんはその死の真相を探るため、四国を再訪する。調査を始めたふたりを待つ驚愕の事実とは?『坊っちゃん』の裏に浮かび上がるもう一つの物語。名品パスティーシュにして傑作ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstarstar
star
4.19

読みたい

3

未読

8

読書中

0

既読

29

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください