万能鑑定士Qの事件簿VI

角川文庫

松岡 圭祐

2010年10月31日

KADOKAWA

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

町工場が作った洋服を、世界的に名の知れたショップに流通させられると豪語する女が現れた。雨森華蓮・26歳。海外の警察も目を光らせる彼女のもうひとつの顔、それは“万能贋作者”だった。彼女が手掛ける最新にして最大の贋作、MNC74とは何か。鎌倉の豪邸に招かれた凛田莉子を待っていたのは、不可思議にして目的不明な鑑定依頼の数々だった。莉子にとって最大のライバル現る。書き下ろし「Qシリーズ」第6弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(17

starstarstar
star
3.76

読みたい

3

未読

24

読書中

3

既読

174

未指定

175

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

ryota_nappa

敵がまたステキ

starstarstarstar 4.0 2021年08月22日

今作、万能贋作者の雨森華蓮が登場。 敵ながら凄まじく賢くまた堂々としていて魅力的だった。 話の展開も途中まではなぜこんなことを?と思っていたが、最後に全てが明らかになってスッキリした。 そして凛田さんもやっぱりステキでした。

全部を表示

あゆみ

莉子に適わない相手登場?

starstarstar
star
3.8 2021年07月30日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

mixoost

敵がまたステキ

starstarstarstar 4.0 2020年04月12日

今作、万能贋作者の雨森華蓮が登場。 敵ながら凄まじく賢くまた堂々としていて魅力的だった。 話の展開も途中まではなぜこんなことを?と思っていたが、最後に全てが明らかになってスッキリした。 そして凛田さんもやっぱりステキでした。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください