心霊探偵八雲6 失意の果てに(上)

角川文庫

神永 学 / 鈴木 康士

2010年9月25日

KADOKAWA

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“絶対的な悪意”七瀬美雪が逮捕され、平穏が訪れたかに思えたのもつかの間、収監された美雪は、自ら呼び出した後藤と石井に告げるー私は、拘置所の中から斉藤一心を殺す…。拘束された身である美雪には、物理的に不可能な殺人の予告。しかし、彼女の目はなぜか自信に満ち溢れていた。本当にそんなことが可能なのか!?後藤は疑心にかられつつも、一心を守ろうと決意する。八雲の叔父を狙う、美雪のその真意とはー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.36

読みたい

11

未読

16

読書中

0

既読

314

未指定

153

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstar 2.0 2020年10月11日

だいぶ展開が読めるようになり、ちょっと飽きてきたかも。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください