青春の逆説改版

角川文庫

織田作之助

2008年7月31日

角川書店

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

自意識過剰でウブな男、毛利豹一。三高に入学したものの、放蕩が過ぎて落第。恋愛も自尊心と経験不足が邪魔をしてうまくいかない。中退後は新聞記者になるが、周囲は珍奇な人物ばかり。そんなある日、豹一はある女性の尾行記事を書くように命じられる。その女性とは、あるスキャンダルがもとで映画界を追放された「問題」の女優だったー。一人の青年の成長を、恋愛や失恋を織り交ぜながら痛快無比に描いた青春小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2018年06月30日

京都のリプトンなどが出てくるのも嬉しい。 分娩についても普通の作家ならもっと汚く嫌らしくなど、一捻り書きそうなものだけれども意外に素直。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください