日本中世に何が起きたか 都市と宗教と「資本主義」(1)

角川ソフィア文庫

網野 善彦

2017年3月25日

KADOKAWA

968円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「なぜ、平安末・鎌倉という時代にのみ、すぐれた宗教家が輩出したのか」。高校教諭時代、教え子から問われて以来30年余、通説を覆す数々の研究の過程で見えてきたものとは何か。「無縁」論から「資本主義」論へー対極に考えられてきた、宗教と経済活動との関わりを解明。中世社会の輪郭を鮮明に描くと共に、国民国家という枠組みをも超えてゆくべき、現代歴史学の課題を提言。網野史学の全容を俯瞰できる名著。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

4

未読

2

読書中

2

既読

0

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください