古代研究II 民俗学篇2

角川ソフィア文庫

折口 信夫

2017年1月25日

KADOKAWA

1,012円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「ともかく行ってみることだ」行って、見て、具体的に、文献の中に眠っている知識を呼び覚ませー。折口がなにより重視していたのは実践であり、その成果として代表されるのが、琉球や雪祭り、花祭りの採訪から生まれた「信太妻の話」そして「翁の発生」である。折口民俗学の中核をなす2篇をはじめ、前段となる「愛護若」「花の話」など11篇を収録。国文学と芸能研究融合の萌芽が随所に息づく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください