わたしの勇者さま(後)

角川文庫 角川スニーカー文庫

とまとあき / 塚本裕美子

1991年1月31日

角川書店

501円(税込)

ライトノベル

ダークウルフを倒したシン。しかし、ディーアックの次なる下僕、大鴉は執拗にも迫り来る。一方、シンと陽子は、異世界ルーへ戻る方法を探し出すのに悪戦苦闘していた。そんなある日、霊感占い師の“古き竜の護る、振り子の下”というお告げをてがかりにルーへの入口を探しあてる。そして、陽子はシンとモルトと共に、ルーへと旅立つ。そこで彼等をまちうけるものは?ファンタジック・コメディ完結篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください