少女七竈と七人の可愛そうな大人

角川文庫

桜庭 一樹

2009年3月25日

KADOKAWA

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「たいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった」川村七竃は、群がる男達を軽蔑し、鉄道模型と幼馴染みの雪風だけを友として孤高の青春を送っていた。だが、可愛そうな大人たちは彼女を放っておいてくれない。実父を名乗る東堂、芸能マネージャーの梅木、そして出奔を繰り返す母の優奈ー誰もが七竃に、抱えきれない何かを置いてゆく。そんな中、雪風と七竃の間柄にも変化がー雪の街旭川を舞台に繰り広げられる、痛切でやさしい愛の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.68

読みたい

22

未読

17

読書中

1

既読

99

未指定

75

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー (1)

はん

捨てたい捨てたくないここにいたいいられない

starstarstarstar
star
4.5 2019年11月17日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください