魍魎戦記摩陀羅(下)

アガルタの真王

角川文庫 角川スニーカー文庫

阿賀伸宏 / 宮本恒之

1993年11月30日

角川書店

555円(税込)

ライトノベル

故郷ニソの杜を遠くはなれ、摩陀羅、麒麟、汰々羅の三人は、金剛国大帝ミロクを倒すべく旅を続けていた。灼熱の太陽に焼かれる死の砂漠。そこで摩陀羅は魍鬼を狩る赤い髪の男・聖神邪、そして金剛国を裏切った廃皇子夏凰翔に出会う。八大将軍と呼ばれる魍鬼との戦いのたび、閉ざされていた摩陀羅のチャクラが回り始める。しかし八大将軍の一人貂魎伐跨は、残虐な他の魍鬼たちと違っていた。次々明かされるアガルタの秘密…。天翔る船、イニシエイトたちの運命、闇の顔の王の真実。摩陀羅とミロクの過去になにがあったのか。小説版MADARA、堂々の完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください