薔薇のマリア(ver 3)

角川スニーカー文庫

十文字青

2007年10月31日

角川書店

628円(税込)

ライトノベル

いっそ、クランでも作ってしまったらどうかな…その身を黒衣に包んだ物静かな男が発した一言がすべての始まりだったーマリアローズがピンチになると、甘い言葉とともに必ず助けに現れる、クラン“昼飯時”の頭領アジアンの今まで語られなかった過去と日常。気軽に昼飯時をともにできる仲間たちは、いかにしてアジアンのもとに集い、そして心酔していったのか。シリーズ随一の個性派クランの大切な思い出を描くエピソード集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

7

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください