戦う君と読む33の言葉

「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信を

千田琢哉

2016年3月31日

KADOKAWA

1,430円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理

あらゆる「負の感情」を「未来への力」に変える方法とはー累計210万部突破の著者が贈る究極のアドバイス。どんな場所を選んで生きるのかで未来は創られていく。「もう逃げない!」と決意したとき、必ず助けてくれる珠玉の言葉。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

6

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ka---

(無題)

starstarstarstar
star
4.1 2020年05月03日

・不安、緊張、怒りは全てちゃん付けして逆に応援してもらう。これら負の感情を愛おしく思おう。適度にこれらがあったほうが、うまくいく。 ・準備の基準は、肩の力が抜けてリラックスしてくる状態になるまでやり込むこと。 ・不安を口にする行為は、自他ともに自分自身という人間の価値を下げることになる。唯一不安を口にしていいのは、①恋人や親友、師匠 ②明らかに格下の相手であり、あえて不安を口にすることでこの人でも不安になるのか自分も頑張らないとと鼓舞できるとき。これらのときに1つの問題につき1度だけ不安を口にしてもいい。 ・ああはなりたくないと思うことすらしてはいけない。なぜなら、ああはなりたくないのああを脳が想像しそうなっていくからだ。当然なるまでにはとても時間がかかるがいつかそうなる。逆を言えば、なりたい自分憧れの人を常に想像していればそうなれるのだ。 ・相手のコンプレックスを見つけ、そこを愛で満たしてあげれば、簡単に相手をコントロールできる。 ・不安の原因がわかったら、素直に認めること。できれば解決するのが1番だが、認めるだけでもいい。 ・今の状況は関係ない。人口密度が低いところを選ぼう。どんな場所を選んで生きるのかで未来は創られていく。 ・頭のいい人がいれば悪い人もいる。のっぽがいればチビもいる。このように世の中は不公平ばかりだ。しかし、幸せになれるかという点で見れば、幸せになれる人がいれば幸せになれない人もいる。不公平の中に公平があり、バランスが保たれている。さぁあなたならどうする? ・パーティーはさげまんの集まり。乾杯の音頭の前に緊急の電話がかかってきたふりでもして抜け出そう。いつか一緒に抜け出す人と出会うが、その人は100%あげまん。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください