母親を陰謀論で失った

ぺんたん / まき りえこ

2023年2月16日

KADOKAWA

1,265円(税込)

「2020年春。新型コロナウイルスのまん延により、私たちの生活は大きく変わった。それは生活だけでなく、強固だった人間関係にも影響を及ぼした」東京で妻と暮らす息子・ナオキ、地方で父と暮らす母親・ケイコ。どこにでもいる仲の良い親子だったふたり。コロナ禍の度重なる社会不安により、会えない日々が続くがお互いを想い合って過ごしていた。しかし、ある時期から母親が怪しい動画を送りつけてくるようになりー。「母親が信じる陰謀論の正体とはなんなのか?」「陰謀論を信じている人はどんな人なのか?」、そして「なぜ母親は陰謀論を信じてしまったのか?」。その真相に迫る過程を息子視点で描いた濃密なセミフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.55

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Tetsuhirokawano

もし自分だったら…

starstarstarstar
star
4.1 2024年02月05日

パンデミックの陰で、インフォデミックに苦しめられた人々が大勢いた! 優しかったあの人が、正義感の強いあの人が、別人になってしまった… しかもそれが家族だなんて。 「自分だったらどうしていただろう?」 そう考えながら読んでも答えが見つからない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください