弧の増殖

夜刀浦鬼譚

朝松健

2011年2月28日

エンターブレイン

1,870円(税込)

小説・エッセイ

太古の因習の痕跡をとどめる巨石と最先端のメガ・サーバー施設を備えた電波塔。古の遺物と現代の叡智という対照的な2つの建造物が丘の上で奇妙に共存する“千葉県夜刀浦市”には、さまざまな都市伝説が存在したー。電磁波が引き起こす神経症、頭のない幽霊の出現、死んでいない猟奇殺人鬼etc。寺の鐘を思わせる音をたて、メガ・サーバーが運転を始めたとき、異次元の扉は開かれ、町に阿鼻叫喚の一夜が訪れた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください