おこぼれ姫と円卓の騎士(君主の責任)

ビーズログ文庫

石田リンネ

2013年5月31日

エンターブレイン

594円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

次期女王レティーツィアと、ノーザルツ公国君主の元に届けられた、キルフ帝国・建国祭の招待状。差出人のサインに不気味なものを感じつつもキルフ帝国へと向かったレティは、そこで皇帝に関するとんでもない噂を耳にする。その真相を確かめようと、レティは己の騎士とノーザルツ公、さらにはイルストラ国の王子も巻き込み、ある企画を立てるが…!?最強女王伝説、自身の役目に気づく第6弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.6

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

14

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstar
star
2.6 2020年12月11日

「おこぼれ姫と円卓の騎士」6巻読了! エピローグが良かった。アナスタシアには幸せになって欲しい✨ そしてそこまでの展開も何をどうするのかさっぱり予想できなくてワクワクした。ヴィクトルと同じくらいテンションあがってしまいました。 さ、続き読もう!

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください