かまどの嫁(1)

紫はなな

2015年7月31日

KADOKAWA

1,320円(税込)

ライトノベル

妖怪が見えぬ砂糖売りの娘・鹿の子。嫁いだ先は、陰陽師。「役立たず」と離れにおかれ、得たお仕事は、御饌づくり。奇妙なことに、お稲荷さまは鹿の子の菓子を食う瞬間、彼女の瞳に映りだすー素直になれぬ人と妖。その心、あまくやさしく絶品和菓子がほだしてゆく…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

12

読書中

2

既読

5

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年09月22日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください