標的はひとり

カドカワノベルズ

大沢在昌

1995年3月31日

角川書店

814円(税込)

小説・エッセイ / 新書

加瀬崇、38歳。かつて私は、「研修所」と呼ばれる機関に属していた。日本の暗部を担い、国家が邪魔だと判断した人間を闇から闇に葬る陰の組織だ。私は組織を離脱したが心には深い傷が残った。そんな私に断りきれぬ依頼がきた。標的は世界一級のテロリスト、成毛泰男。彼は全世界の司法機関の追求をかわし続け、機械のような正確さと残忍さで戦い続ける一匹の獣だ。私は、自らの自由と尊厳を懸けて最後の戦いを開始したー。狙う側と狙われる側との目に見えない殺しのゲームを綴った渾身の長編ハードボイルド。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください