ふたりのかつみ

カドカワノベルズ

新井素子

1991年5月31日

角川書店

811円(税込)

小説・エッセイ / 新書

中島勝美〈女〉、十二歳。父親の転勤で、ど田舎の村から、突然、東京に引っ越してきた。でも、やっぱり、ど田舎の村の方が好きで、おねいちゃんと“帰ろうよお”って言ってたのに。それなのに、それなのに、おねいちゃんが裏切った。そんでもって、ものすご〜く怒って、思わず押し入れに飛び蹴りをしちゃって。とうぜん、襖が破れる音が、と思ったんだけと、なんと、そこには勝美のそっくりさんがいて、おまけに〈男〉だったりしたから、もうたいへん!あっちの世界とこっちの世界、二人の勝美が入れ替わって、あっちとこっちをいったりきたり…。ノベルズ初登場、新井素子が贈るパラレル・ワールド。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください