少女Aの殺人

カドカワノベルズ

今邑彩

1995年1月31日

角川書店

811円(税込)

小説・エッセイ / 新書

「あいつは、毎晩のようにわたしのベッドにやってくるんです。このままではあいつを殺してしまうかもしれません…」深夜放送の人気DJ・新谷可南は、養父と二人暮らしをしている『F女学院の少女A』という女子高生から投書を受ける。可南が手紙の内容に該当する学校を調べたところ、『少女A』の家庭環境にあてはまる生徒は、三人いることがわかる。数日後、そのうちのひとりの養父が、自宅で刺殺されてしまう。一見単純な養父殺しに見えたこの事件の裏には、複雑にからみあう人間関係があることがやがて明らかになり…。絶望の中で完全犯罪に生きる希望を求めた“少女A”を描いた、書下し長編本格ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください